レンタカーで事故を起こしてしまったら


私たちは日常生活の中で、どんなに気を付けていても100%怪我をしないという保障はありません。それは車の運転にもいえることで、どんなに安全運転をしていても事故を起こしてしまうこともあります。事故は自分が起こしてしまうとは限らず、巻き込まれてしまう場合もあります。もし、自分の車ではなくレンタカーで事故を起こしてしまったらどうしたらいいのでしょう。

事故を起こしたことで顔面蒼白となり、その上借りた車となるとパニックで頭の中は真っ白になってしまうのではないでしょうか。レンタカーの利用には保険が付帯されており、レンタル料の中に保険料が含まれています。しかし、免責補償については任意加入となっています。

事故を起こした場合は、まず負傷者の救護を行い、警察とレンタカーを借りた店舗へ連絡します。相手の確認を行い、警察から事故証明を取得します。車の修理や清掃が必要となった場合には、営業補償をしなければなりません。営業補償は予定の営業所に返却した場合には2万円、返却できない場合には5万円が請求されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です